スタッフプロフィール

宮下祐輔(Yusuke Miyashita)

店主/SAKE Gastronomist/
遠州流茶道師範/唎酒師/酒匠

2011年9月に東京・神楽坂に会席料理と日本酒ペアリングの専門店「ふしきの」をオープン。翌年には、現代陶芸家の作品を取り扱うウェブギャラリー「ふしきの」を開設。これまでに延べ1万人以上のお客様に日本酒ペアリングを提供し、日本酒サービスに関する独自の理論「酒道=SAKE Gastronomy」を構築。日本酒アンバサダーとして、日本国内をはじめ、海外でも日本酒ペアリングのイベントや日本酒や器の講師として招聘されセミナーを行う。

これまでの主な取り組み

2017年
  1. 現代陶芸家の作品展示、日本酒ワークショップ、広東料理と日本酒ペアリングディナーなどを行う「Fushikino Japanese Sake and Ceramic Art Exhibition in HK~The special way to enjoy Japanese Sake~」を開催(香港)
  2. 日中国交正常化45周年・日中平和友好条約締結40周年記念行事「酒器と日本酒」講演(中国、上海日本国総領事館)
2018年
  1. 天目作家10名による「天目 掌的宇宙展」を開催(中国、上海・北京・成都・重慶を巡回)
  2. 日仏友好160周年記念行事「ジャポニズム2018」に日本酒アンバサダーとして招聘、各種ワークショップを担当(フランス、パリ)
  3. 「Salon du Saké」にて各種ワークショップを担当(フランス、パリ)
  4. 日本酒ペアリング専門のオリジナル酒器「asobi sake ceramics」をプロデュース
2019年
  1. 「日本酒の新たな視点での楽しみ方を学ぶ」と題する講演を実施(一般財団法人日本のこころSoul of Japan)
  2. 第5回世界唎酒師コンクールにて審査員特別賞受賞

主な出演・インタビュー記事

  1. Amazon Primeドキュメンタリー番組「Prime Japan日本のこころに出会う エピソード10 日本酒」(2017年2月)
  2. WEBメディアSAKETIMES「オピニオンリーダーの視点」(2018年7月)
  3. ジャポニズム2018公式企画「日本の食と文化シリーズの挑戦」(2019年3月)

荒巻吉男(Yoshio Aramaki)

料理長

専門学校卒業後、京都の老舗日本料理店にて研鑽を積む。「ふしきの」のオープンから料理長を務め、オープン翌年に『ミシュランガイド東京』にて、ひとつ星を獲得。以後、7年連続で獲得中。