Fushikino - authentic blend of kaiseiki cuisine and sake pairing.

「ふしきの」は、茶の湯を大成した千利休居士が使用していた言葉で、「不思議」や禅語の「不識」に通じる言葉です。 現代の言葉に訳せば、思いがけないもの、今までにないものといった意味になりますでしょうか。 ふしきのでは、日本料理、日本酒(日本茶)、器が三位一体となったペアリングを目指しておりますが、 千利休居士に縁のある言葉を店名に選ぶことにより、茶の湯から多くを学ぶとともに、 思い掛けない一盃、今までにないお酒とお茶の席をお客様に提供して参りたいと存じます。

お知らせ

2020年5月27日
6月1日からの店舗営業と「会席弁当」のご予約について
2020年5月12日
5月12日より17時から20時の限られた時間になりますが、通常営業を再開致します。
なお、「会席弁当と利き酒セット」は5月も引き続きご予約を承っております。
(リンクの先のオーダーフォームをご利用いただき、メールにてお申込み下さい。)
2020年4月1日
「春の会席弁当と利き酒セット」のご案内
(リンクの先のオーダーフォームをご利用いただき、メールにてお申込み下さい。)
2020年3月31日
コロナウイルスの感染拡大抑制のため、4月1日よりしばらくの間、通常営業を自粛させて頂きます。
(非常事態宣言の発令を受け、自粛期間を5月6日までと致しました。)
2019年12月29日
1月25日に第4回フレンチ×四次元SAKEペアリングを開催致します。

ご予約

03-3269-4556

予約する

所在地

東京都新宿区神楽坂4-3-11
神楽坂つなしょうテラス2階
Google MAP

営業時間

月曜日〜土曜日
18:30〜23:00
日曜日、不定休

季節を食す日本料理

京都の老舗和食店で研鑽を積んだ料理長、荒巻吉男が作る季節の走り、盛り、名残りの食材を生かしたコース料理をお楽しみいただけます。お料理に合わせて日本酒をお楽しみいただいた後には、茶事に倣い、自家製の主菓子とお抹茶が供されます。京料理の伝統と技術を活かしつつ、常に進化と深化を続ける「ふしきの」ならではの日本料理を是非ご賞味下さい。

店舗情報を見る
 
 

独自の日本酒ペアリングとティーペアリング

旬の食材を生かした料理をさらに美味しく引き立てるよう、料理のひと品ひと品に合わせて、店主の宮下祐輔が全国から厳選した日本酒をお楽しみいただけます。ときに冷酒で、ときにぬる燗・熱燗でと、お酒の温度が変化するだけでなく、菖蒲酒や菊酒など、その季節ならではの日本酒の楽しみ方も提案しております。また、全国の各地の日本茶や旬のフルーツを取り入れたティーペアリングもご用意しております。

店舗情報を見る

 
 

伝統工芸と織り成す和の総合文化体験

店内には、全国50名以上の陶芸家、漆芸家、ガラス作家の作品を展示販売するギャラリーが併設されており、料理や日本酒に実際に使われている食器や酒器の多くが、これらの作家の作品となっております。料理と日本酒、日本茶に器と言う日本の伝統工芸の美しさが加わった、食体験を超えた和の総合文化体験をお楽しみ下さい。

WEBギャラリーを見る